ライブエンドロールの制作過程


KEYWESTでは、結婚式当日のお二人、ゲストを中心に撮影をして、会場で編集の後、披露宴の最後に上映するライブエンドロールを制作しています!


各会場では提携している専門業者によって、当日エンドロール、撮って出しエンドロール、TODAYS ENDINGROLL、メモリアルストーリーなど呼び名は様々ですが、


当日の映像を当日中に上映する



という事には変わりありません。


KEYWESTでは、高性能なラップトップパソコン(ノートPC)を使用して編集を行っています。



多くのご質問をいただくのが

編集する際の部屋が必要なのか(車内等でも可能なのか)。

必要な場合はどのくらいの部屋が必要で何が必要か?(電源、LAN等)



という内容です。


会場との提携業務の場合は、編集スペースを常時確保していただいているのですが、持ち込み業務となりましたら、各会場の意向によって、編集場所は、多岐にわたります。


披露宴会場内、チャペル内、神殿内、車内、ロビー、テラス、ガーデンと様々です。いづれにしてもAC電源さえ確保できれば、編集可能となります!


1m×1m程のテーブルと簡易的な椅子の省スペース体制で進めさせていただいています。


事前にお二人からお預かりする素材を元に綿密な構成、当日のスピーディな撮影&編集&DVDが融合して、KEYWESTのライブエンドロールは構築されていきます。

コメント


認証コードを入力してください。

認証コード6408

コメントは管理者の承認後に表示されます。