DVD制作とBlu-ray制作



DVD制作とBlu-ray制作

結婚式に限らず、様々なシーンでビデオを撮られる方が増えてきています。


多くは、フルハイビジョン1920×1080と非常に高画質な記録に対応していますが、ご家庭のデッキがDVD機器であれば、この高画質の映像を生かしきることができません。


(最近発売したデッキでAVCHDディスク対応との表記があれば、DVDでハイビジョン制作したディスクを読み取ることができて再生も可能です。)

ブライダル記録映像をご家庭のDVDプレーヤーでご覧になって、画質があまり良くない印象を受ける事があります。

ご自宅にあるものが古いデッキ、最新のDVDプレーヤーに限らず、DVDの画質は720×480ですので、フルハイビジョンを見慣れた方からすれば、少しボケたような映像に見えることもあります。



KEYWESTでは、映像記録を行う際、昨今の標準になりつつあるフルハイビジョン1920×1080で撮影後、DVD、Blu-rayどちらの制作にも対応しています。


近頃は、更に高画質な2K、4K時代へと変化してきています。


是非、KEYWESTが制作するDVD→Blu-rayのフルハイビジョン映像をお楽しみください。

コメント


認証コード5055

コメントは管理者の承認後に表示されます。